おもちゃのサブスクのデメリット!それでもやらないと損な理由

subscription-demerit

おもちゃのサブスクが人気が出てきているけど、デメリットがあるんじゃないかと気になっていませんか。

「その通りです」サブスクの利用にはデメリットがあります。

この記事では、サブスクを3社利用してわかったデメリット5選を詳しく解説します。

またデメリットを紹介するだけじゃなく、そのデメリットを解消する方法まで合わせて紹介。

解消した後は、項目別にあなたにあったサービスを紹介するので参考にしてくださいね。

記事の内容
  • おもちゃのサブスクのデメリット5選
  • おもちゃのサブスクのメリット5選
  • 項目別おすすめのサブスク
この記事を書いた人
naru
  • 1児のパパで平日は事務職
  • 不妊治療で子供を授かる
  • 子供が生まれて3か月でおもちゃのサブスク開始
  • おもちゃのサブスクは4社利用
  • 遊ぶことが大好きで絵本やおもちゃで子供と遊ぶ

Twitter : (@naru_toybox)

目次

おもちゃのサブスク型レンタルのデメリット5選

toy-demerit

まずはおもちゃのサブスクを利用してわかったデメリットを5つ紹介します。

利用する前にはわからないこともあるので参考にしてくださいね。

また私がおすすめするデメリットの解消方法も対策できるものは解説するので、デメリットを最小限に抑えましょう。

デメリット5選
  1. おもちゃの途中交換はできない
  2. 最低利用期間がある
  3. おもちゃは基本的に中古
  4. おもちゃが気に入らないこともある
  5. 紛失や破損の恐れがある

デメリット①おもちゃの途中交換はできない

レンタルしたおもちゃは、次のおもちゃに交換可能な時期が来るまで交換できません。

多くのサービスでは2ヶ月に1回おもちゃが交換できますが、交換時期が来る前に遊び終わってしまっても交換は不可。

ナル

子供が飽きてしまったとしても、交換はできないよ

中には交換可能なサービスもありますが、送料の負担があって、それなら我慢した方が安く済みます。

とはいえ、初めは興味がないおもちゃもレンタル期間中の成長で、遊ぶようになることも

「どうせ遊ばないから片付けてしまおう」というより、レンタル期間中は近くにおいておく方がいいですよ。

デメリット①の解消方法

途中交換ができないのはルールなので、途中で交換するという解決方法は負担が増えるのでおすすめしません。

パパ友くん

交換したいとならない方法はあるの

ナル

できるとすればこんな感じのことかな

解消方法
  • 送料を払っておもちゃを交換する
  • どうすれば遊ぶのか問い合わせをする
  • 一度におもちゃを渡さずに小出しにする

途中で交換したいと思う理由は「遊び終えたから」ということが一番多いでしょう。

そのきっかけとなるのは、届いたおもちゃをどんどん渡して飽きてしまったということです。

だから私がおすすめしたい利用方法は「小出しにして1点ずつ満足するまで遊ぶ」ということ。

ナル

週に1点ずつ渡したりしているよ

新しいおもちゃが届くと、たくさん遊んでほしいから渡してしまいがちになるものです。

でもたくさんおもちゃがあると、子供も目移りしてどれで遊べばいいのかわからなくなります。

研究でも、おもちゃの数が少ない方が独創的になって遊びに夢中になることがわかっています。

1点で長く遊ぶためにも、小出しにして一緒に遊んであげると2ヶ月はあっという間に過ぎますよ。

デメリット②解約したくても最低利用期間がある

各社サービスには、最低利用期間が設定されています。

利用したはいいけど、イマイチだからすぐに解約ということはできません。

サブスクを提供する主要なサービスの最低利用期間は以下の通りです。

最低利用期間
キッズラボラトリー1ヶ月
トイサブ60日以上
ChaChaCha60日以上
IKUPLE60日以上
And TOYBOX2ヶ月
おもちゃのサブスク60日以上
オモチャブ60日以上
各社ホームページより

多くのサービスの最低利用期間は基本的には2ヶ月以上となっており、3ヶ月分の支払いは必要になると考えておくといいですよ。

まずは試して合わなければ「早く解約したい」「安く済ませたい」と思うなら以下のサービスがおすすめです。

安く試してみたいなら

デメリット③届くのはほぼ中古のおもちゃ

レンタルするおもちゃは基本的に中古のため、汚れや傷がある場合があります。

新しいおもちゃも仕入れていますが、ほぼ新品が回ってくることはありません。

とはいえ、痛みが激しいおもちゃは回ってこないので安心してもいいですよ。

ナル

サブスクで届いたおもちゃはどれもきれいで、汚れといっても塗装が剥げている程度だったよ

衛生管理も徹底して問題になるケースもないぐらいなので、心配になった経験もありません。

クリーニングされていて、借りて使うのが自分の子供だけなら、中古だからと不安に思わなくて大丈夫ですよ。

デメリット③の解消方法

おもちゃが中古で衛生面で気になるのであれば、届いて自分で除菌するだけです。

とはいえ、以下の点をまずは考えてみましょう。

衛生面で考えてほしいこと
  • 街の共有エリアや保育園などのおもちゃはたくさんの子供が使うけど、遊ぶたびに除菌しているわけではない
  • そもそも家のおもちゃも毎日クリーニングしているのか
  • 徹底したクリーニングに不安があるのか

一つ目に考えてほしい共有のおもちゃや絵本は、きれいにしても1日1回程度のクリーニングです。

病院などのおもちゃも毎時間掃除しているのを見たことがあるでしょうか?

それに比べてサブスクのおもちゃは、除菌水などにもこだわっています。

キッズラボラトリーでは、特殊なブラックライトで見えない汚れも見つけ出しクリーニングしているほど。

届いてからは自分の子供だけが使うと考えれば、新品を買うのと差はないと私は考えています。

汚れやシミが目立ちやすい布製のおもちゃも、汚れがない状態で届いているので、状態は心配いりませんよ。

デメリット④おもちゃが気に入らないこともある

レンタルするおもちゃは、ほとんどがプロの選定によるため、気に入らないこともあります。

リクエストすることができても、すべてリクエスト通りということはありませんからね。

ナル

全体のバランスを考えておもちゃは選定されているからね

おもちゃは難しいことに、遊んでみないと子供が気に入るかどうかはわかりません

また、親の視点でも好みじゃないおもちゃが届くこともあります。

普段自分では購入しないようなおもちゃが試せると思って、未知のおもちゃで一緒に遊ぶと楽しむことができますよ。

デメリット④の解消方法

おもちゃが気に入るかどうかは、子供が遊んでみないとわかりませんが、親目線ではリスクを軽減することができます。

それはアンケートやリクエストで子供のことや希望を詳細に伝えるということです。

アンケートに回答するだけでも、ある程度希望を伝えることができますが、大切なのは自由記述

伝えたいことの例
  • 子供がよく遊んでいるおもちゃはどんなものか(音が鳴る、口にくわえているなど)
  • どんな遊びをしているか
  • 遊ぶ姿勢は座っていることが多いのか、横になっていることが多いのか
  • どんなおもちゃが欲しいか(おもちゃの名前まで書いてOK)

どれだけアンケートのデータが蓄積されていても、子供は一人ひとり違うので必ず当てはまるとは限りません。

だからこそ、あなたの子供のことを細かく伝えないと「気に入らない」ということが発生するんです。

せっかくレンタルできるのだから、あなただけのプランを徹底的に考えてもらわないと損ですよ。

デメリット⑤紛失や破損の心配がある

レンタルしたおもちゃは、子供が使うので紛失や破損の心配がつきまといます。

つまり、弁償の可能性があるということ。

パパ友くん

うわ~どれぐらい負担しないといけないんだろう

金額をそのまま負担ということはなくても、パーツごとに費用が発生したりします。

お得と思って利用していても、紛失や破損次第では高くつくことも。

とはいえ、日常的に遊んでついた汚れや傷は保証内ということがほとんどです。

おもいっきり遊ぶことができるよう保証が設定されているので、遊んだあとに確認をしていれば大丈夫ですよ。

ナル

遊んでけがしないようにチェックするのは親の役目だよ

デメリット⑤の解消方法

紛失や破損の可能性は返却が完了するまで常にあるので、リスク軽減には日常的なチェックがポイントです。

私はサブスクのおもちゃで遊ぶ時は以下のことに気を付けています。

紛失、破損の予防策
  • 届いた時の状態を確認して写真を撮っておく
  • 禁止された遊び(水遊び)などはしない
  • 自宅以外に持ち出さない
  • できるだけ一緒に遊ぶ
  • 遊んだ後はケアをしながらチェック

日々チェックしておかないと、知らない間におもちゃを隠したり無くなったりと後で探すことが大変になることも。

だから片付けるついでに、汚れやパーツが揃っているか確認することが、紛失や破損を防ぐ一番の方法ですよ。

おもちゃのサブスク型レンタルのメリット5選

toy-merit

おもちゃのサブスクを今まで3社利用してわかったメリットを5つ紹介します。

どのサービスを選んでも、紹介するメリットを実感することができるはずです。

デメリットを解消して、メリットを感じることでよりお得感が増しますよ。

メリット5選
  1. 普段買わないおもちゃが遊べる
  2. 月齢にあったおもちゃで遊べる
  3. おもちゃが増えないから、お部屋も片付く
  4. 気になるおもちゃが購入前に試せる
  5. 高額おもちゃも利用できてコスパがいい

メリット①普段買わないおもちゃも遊べる

レンタルでは、蓄積されたデータやアンケートに基づいて、おもちゃの選定が行われます。

そのため、自分では絶対に選ばないだろうなというおもちゃが、良くも悪くも含まれることに。

パパ友くん

そんなおもちゃでうちの子が遊ぶかな

でも実際に遊ぶのは子供なので、親の好み以外のおもちゃがハマることも結構あるんですよね。

「真剣に選んだのに遊んでくれない」「えっそれで遊ぶの」という経験は、親ならみんなあるのではないでしょうか。

普段選ばないおもちゃこそ、子供の好きや得意の幅を広げることにつながります。

たくさんのおもちゃで子供に刺激を与えてあげれるのは、サブスクの強みですよ。

メリット②月齢にあったおもちゃで遊べる

サブスクを使えば、2ヶ月に1回おもちゃが交換できるので、そのときの月齢にあったおもちゃで遊べます。

おもちゃの使用期間は驚くほど早く、あっという間に適齢が過ぎてしまいますよね。

とはいえ、合わせてどんどん買い足すとコストも収納場所も増える一方。

パパ友くん

たしかにおもちゃってバカにできないんだよね

でもサブスクならレンタルなので、定額で交換制だからコストもおもちゃも増えすぎることもありません。

今の子供にぴったりのおもちゃが届くので、子供にとっても関心が持てるし、遊ぶことで成長にもつながります。

こんなメリットも
  • おもちゃを買いに行く手間がなくなる
  • おもちゃ選びで迷う時間が減る、なくなる
  • 仮に遊ばなくても、買った時よりダメージが少ない

「どんなおもちゃがいいんだろう」と迷っているなら、選ぶのはプロに任せることでストレスも軽減されますよ。

メリット③おもちゃが増えないから、お部屋もスッキリ片付く

おもちゃはレンタルすることで、数が増えすぎず、片付けも楽になります。

「片付かなくてイライラ」「不要なおもちゃはどうすればいいの?」といった悩みも解決できます。

実際に収納場所に困った経験がある方は74%と高く、処分にも困っているようです。

toy-too-many

おもちゃが増えたなと思う前に、一度レンタルサービスを利用してみると、後で困ることもなくなりますよ。

メリット④気になるおもちゃも購入前に試すことができる

サブスクなら気になるおもちゃも購入前に遊ぶことができます。

「これ欲しいけど、買って遊ばなかったらどうしよう」と悩んだことはありませんか。

ナル

うちは「プレイネスト」「スロープトイ」が気になっていてレンタルしたよ

サブスクならなら買うより安く試すことができ、2ヶ月あるのでたっぷり遊ぶことができます。

パパ友くん

でも結局返さないといけないんでしょ

借りたおもちゃはレンタル期間を延長したり、販売価格よりも安く買い取ることもできるんです。

だから「気に入っていて、状態もいいし中古でもいいかな」と思うなら買取もあり。

購入によるリスクを軽減できるので、買ったけど遊ばないという心配がなくなりますよ。

メリット⑤高額おもちゃもレンタルできてコスパがいい

とにかくコスパがいいのがサブスクの魅力です。

知育玩具は買うと高いし、遊ぶ期間も短いんですよね。

サブスクなら費用の把握も簡単で、月額の5倍以上する総額のおもちゃが届くなんてお得。

いままでに届いたおもちゃはこんな感じです。

toy
ナル

キュボロなどもレンタルできるって知っていましたか

また、届くおもちゃも2ヶ月で6個前後、年間36個ものおもちゃで遊ぶことができるということ。

定期的に届くことでこんなメリットも
  • 子供のおもちゃ欲が満たされる
  • 新しいおもちゃが届くので購入機会が減る

サブスクを利用することでおもちゃのコストを見える化しながら、子供の満足度も高くなるので、サブスクはおすすめですよ。

あなたにおすすめのサブスク型レンタルはここだ

toy-choice

おもちゃのサブスクのメリットとデメリットを紹介しましたが、あなたにおすすめのサービスがどこなのか気になりませんか。

項目別にどこのサービスがいいのか参考にしてくださいね。

項目別おすすめサービス

おもちゃの数がたくさん欲しいなら【キッズラボラトリー

kids-plan

おもちゃの数がたくさん欲しいと思っているなら【キッズラボラトリー】がおすすめです。

サービスおもちゃの数
キッズラボラトリー5~6点
最大10点以上
トイサブ6点
AndTOYBOX4~6点
ChaChaCha6~7点
IKUPLE6点
おもちゃのサブスク6点+絵本2冊

キッズラボラトリーでは、5~6点で15,000円以上となるようプランされます。

他社との違いは、おもちゃのリクエストだけでなくおもちゃの数もリクエスト可能ということ。

その数は最大で10点以上のプランも対応可能で、月齢が低くて数が欲しいときにも最適です。

おもちゃがたくさん欲しいかたは「キッズラボラトリー」が一番多くておすすめですよ。

毎月の利用額を安くするなら【キッズラボラトリー】【IKUPLE

サブスクを利用したいけど、とにかく安く抑えたいという場合は【キッズラボラトリー】か【IKUPLE】がおすすめです。

サービス月額2ヶ月利用
キッズラボラトリー2,574円
+送料1,100円
6,248円
IKUPLE2,490円5,980円
トイサブ3,674円7,348円
AndTOYBOX3,278円6,556円
ChaChaCha3,410円6,820円
おもちゃのサブスク3,278円6,556円

1ヶ月2,000円台で利用できるのは「キッズラボラトリー」と「IKUPLE」だけ。

ただしIKUPLEの場合は、おもちゃの数が3個になるのでおもちゃも欲しいならキッズラボラトリーがおすすめです。

パパ友くん

でも送料がかかってるけど

キッズラボラトリーの送料はおもちゃが届くときだけなので、実際は2ヶ月に1回だけ。

だから2ヶ月利用のプランだと他社よりも安く利用ができるんです。

安く利用したいなら、月額とおもちゃの数で比較してみるとコスパもわかっていいですよ。

初めはとにかく安く試してみたいなら【ChaChaCha

よかったら続けたいけど、合わなかったらどうしようと心配な方には【ChaChaCha】がおすすめです。

ChaChaChaの特徴
  • キャラクターおもちゃの取り扱いがある
  • プランが豊富(学研ステイフルなどあり)
  • プログラミングなど学習おもちゃも強い

なぜなら初月1円で利用できるので、ほぼ1ヶ月は無料で利用できるということ。

最低利用期間があって2ヶ月以上は利用しないといけないサービスが多いので、初月1円は魅力的ですよね。

キッズラボラトリーも30日間全額返金保証がありますが、条件は厳しめです。

まずは安く利用を始めてみたいというならChaChaChaがおすすめですよ。

高級・大型のおもちゃもレンタルするなら【IKUPLE

おもちゃの総額が高くて大型のおもちゃも希望するなら【IKUPLE】です。

サービスおもちゃの総額
IKUPLE20,000~30,000円
キッズラボラトリー15,000円
トイサブ15,000円
AndTOYBOX15,000円
ChaChaCha15,000円
おもちゃのサブスク15,000円

月額3,700円と他社と比較しても少し割高なプランですが、おもちゃの総額は倍以上とコスパが高い。

木のおもちゃも多く、手押し車など大きなおもちゃも取り扱っているのも特徴の一つ。

せっかくだから高級おもちゃを利用したいならIKUPLEがおすすめですよ。

【まとめ】おもちゃのサブスクのデメリットは解消できる

demerit-clear

おもちゃのサブスクのデメリットを中心に紹介してきました。

デメリットは解消できる
  • 途中交換はできないが小出しにして飽きさせない
  • 最低利用期間はあるけど、サービス面を選べば軽減できる
  • 中古のおもちゃだけど、自宅以外のおもちゃは基本的に中古
  • 気に入らないおもちゃもあるが、リクエストで回避
  • 紛失や破損は日々のチェックで対策

デメリットはどのサービスでもありますが、絶対に解消できないということではありません。

事前に理解していることで対策もできるし、利用してから感じることもたくさんあります。

「子供がおもいっきり遊ぶことができる」ということが一番大切だと思うので、メリットを存分に楽しんでほしいなと思います。

サブスクの利用に興味があるなら、試してみて損をすることはありません。

ぜひおもちゃが箱いっぱいに届いた時の子供の反応から楽しんでくださいね。

subscription-demerit

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアいただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる